にきび痕の赤みが残ってしまう原因

にきび痕の赤みを解消する方法を模索している人は、要因を突き止めることが重要です。案外と多くの人が、にきび自体はなくなったのに、赤みが肌に残ったことがあるといいます。

肌ににきびができると、にきび痕が赤くなることがあるのはなぜでしょう。外見からではにきびはなくなっていますが、肌の奥は炎症を起こしてすることが要因です。肌の赤みは、サイトカインや、タンパク質分解酵素のような、肌の炎症に対する回復を促そうするお肌の反応の一つです。肌は炎症を起こすと、痛みや腫れ、赤みといった症状を起こして回復を早めます。痛んだり、腫れたりはしていなくても、にきびによる炎症が要因となって、赤みの症状が出ています。炎症を起こすと肌はダメージを受けますので、毛細血管から血液を集めて回復を促します。にきび痕の赤みとは、炎症に対して集まった毛細血管の血液の色なのです。にきび痕の赤みを消すには、にきびのあった場所を刺激しないで、肌の炎症が完全に回復するまで待つことです。肌の健康状態を改善し、にきび痕の赤みのないなめらかな肌になるためには、ビタミンC誘導体のスキンケア用品が役に立ちます。ビタミンC誘導体は、皮膚から分泌される油脂成分を調整する機能もありますので、毛穴の目づまりでにきびが増えることへの対策にもなります。ビタミンC誘導体を含む基礎化粧品を活用することで、にきび痕の赤みが残りにくい肌質づくりをするといいでしょう。
お腹革命