水泳ダイエットとは

水泳ダイエットとはどのようなダイエット方法なのでしょうか。水泳ダイエットは、有酸素運動によるダイエット方法の代表です。熱伝導率のよい水に体温を奪われることによって、水中でカロリー消費が出来るというものです。ダイエットのために有酸素運動をするなら、ある程度の時間は続けなければなりません。プールで一方から一方まで泳いでから、ゆっくり休むという泳ぎ方では、ダイエットには適していません。また、瞬発力を要しすぐに終わってしまうような泳ぎ方は無酸素運動となり、脂肪が燃焼しません。息を止めて力一杯泳いだり、適切な呼吸法やモーションで水をかくことができなければ、有酸素運動にならない場合があるので要注意です。有酸素運動による水泳でダイエットをするには、30分から1時間は泳ぎ続けなければいけません。水泳に慣れない人が長い時間泳ぐことはまず無理です。水泳で有酸素運動をしてダイエット効果を得るには、正しい泳ぎ方ができるようにまずならなければいけないでしょう。ダイエットのために水泳をするには、水泳のスキルを得て無理のない有酸素運動ができるようになることです。水泳ができないからといってもダイエットの方法が断たれてはいません。泳ぎが好きでない人や、腰や足に負担をかけすぎたくない人には、水中ウォーキングという方法もあります。水は抵抗があるのでプールの外で歩くより大変です。そのため、水泳に限らずともダイエット効果が期待できます。アンプルール トライアル