にきびが肌に出来てしまう原因

にきびができて困っている人は大勢います。にきびになったことがない人はほぼいません。若い頃にできたにきびと、社会人になってからできたにきびとでは、似てはいますが根本的に異なっています。にきびの発生する要因が異なっていれば、対応策も変わってきますので、その点は理解しましょう。若い頃にできるにきびは、ホルモン分泌の関係上、皮脂の分泌が多くなってしまい、毛穴が詰まりやすくなったためににきびができているものです。若いころのにきびは皮脂の分泌に関係しますか、年齢を重ねてからのにきびは皮膚の乾燥によって肌の弾力が失われ、毛穴が塞がることからです。 “にきびが肌に出来てしまう原因” の続きを読む

脂質異常症とは

脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が、一定の基準よりも多い状態のことを指します。
以前は、脂質異常症のことを高脂血症と呼んでいました。
血液中に余分な脂質が増えてくると、動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中といった疾病のリスクを伴います。
高血圧の人が脂質異常症になると、血管壁が傷つきやすいため動脈硬化が進行するリスクが高まります。 “脂質異常症とは” の続きを読む